高校生による子どものため子どもが楽しいと思えるロボットプログラミング教室

高校生による子どものため子どもが楽しいと思えるロボットプログラミング教室

2020.9.18

10月24日及び11月7日に、「高校生による子どものため子どもが楽しいと思えるロボットプログラミング教室」を開催いたします。
神戸市内の小学生・中学生を対象に、9月18日(金曜)~10月14日(火曜)【延長しました】の期間で参加者を募集します。
なお、本プロジェクトは、神戸市の起業家育成プログラムの参加者により企画され、「ふるさと納税を活用したクラウドファウンディング」にご賛同いただいた、トーマツベンチャーサポート Co-Founder北地達明様をはじめとする皆さまのご支援により開催されます。

▽イベント概要

自分だけのオリジナルロボットを製作!

事前に、事務局よりご自宅まで教材セットをお届けします。
キットを使ってロボットを製作していただきます。
専用テキストを見ながら、ダンボールと基盤等を組み合わせて、オリジナルカスタマイズも可能!?

ロボットの作り方に応じて、走り方が変わったりするからオリジナルで作るともっと楽しいかも♪

 

 

 

 

ロボットをプログラミングして走らせる!

初心者でも扱いやすいc-styleを使用したプログラミングを利用して、ロボットを操作します。

単純な前後左右の走行から、黒い線の上を走行させる「ライントレース」機能まで使いこなそう!
「センサー」や「モーター」を使ってプログラミングしていくことでロボットって走ってるんだ!と学びの機会になります。

進捗が早くてどんどんやりたい方には追加カリキュラムもございます。

 

 

※上記画像のロボットは実際に使用していただくものとは異なります。

 

▽募集要項
名称  :

高校生による子どものため子どもが楽しいと思えるロボットプログラミング教室

開催日時:

1日目  :2020年10月24日(土)9:30〜14:30
2日目  :2020年11月7日(土)9:30〜12:00
※両日ともご参加必須です。

開催方法:

オンライン

参加費 :

無料(通信費用は自己負担)

講座内容:

1日目 :事前に参加者自宅に郵送するキットを使用し、5人ごとのグループでロボットを制作します。
2日目 :簡単な操作で理解しやすいプログラミングソフト「c-style」を使用して、ロボットを実際に動かします。
※Windows XP以上を搭載したパソコンが必要です。
講師  :灘高等学校3年生の武藤熙麟(ひかる)君を中心とした、灘高校生・中学生の有志チーム「Fingerpost T」のメンバー及びロボットプログラミング教室MaKidsスタッフが講師を務めます。

▽募集概要
応募資格:

神戸市内在学・在住の小中学生

募集期間:

令和2年9月18日(金曜)~ 10月14日(火曜)【延長しました】

定員  :

60名 ※応募多数の場合は抽選

応募方法:

下記申込みフォームより応募

 

▽応募・参加の流れ

1. 応募(9月18日〜10月14日) ※応募多数の場合は抽選になります

2. 参加決定(10月15日) ※当選の方のみご連絡を差し上げます

3. 参加準備

・事務局より教材ご送付
・事務局よりZoom接続事前確認実施
・参加者の方にプログラミングソフトc-styleをPCにインストールしていただく

4. イベント1日目(10月24日)

5. イベント2日目(11月7日)

6. 競技動画の提出(希望者のみ)

7. 競技動画の解説版動画公開(12月予定)

 

▽注意事項

・当イベントではZoomを利用したオンライン通話での講義を行います。そのため、インターネットの通信環境やオンライン通話で使用可能なカメラ・ビデオが必要になります。

・イベントでの講義中に、Zoom接続等のPC操作やロボット製作に関して保護者の方のご協力をいただくことがございます。

・イベントでのロボット製作及びプログラミングについて、進捗が想定よりもゆっくりの参加者の方に関しては、講義の途中及び最後にフォローアップ用の追加の時間を設けております。

・当イベントには、参加者の皆様が受講される環境下でロボットを走行させるカリキュラムを含みます。プログラミングのしやすさの観点から、走行する床の材質はフローリングをおすすめしております。

 
▽プロジェクト発起人FingerpostTからのメッセージ

 

▽お問い合わせ

高校生による子どものため子どもが楽しいと思えるロボットプログラミング教室事務局
メール:support@sf-partners.jp

 

 

主催:神戸市
運営:株式会社S&F PARTNERS

こちらの記事もオススメ!