教育について ~S&Fの取り組み~

教育について ~S&Fの取り組み~

2017.2.25

こんにちは!

S&F PARTNERSの福田です。

今回は、S&Fの取り組みについて書いていきたいと思います。

 

 

以下、今回のポイントになります。

・MaKids事業では、政府でも重視されている理数教育に取り組んでいる

・MaKids事業のロボットプログラミング教室では、子どもの「自由な発想」を活かして学ぶことができる

・民間企業の視点から2020年の小学校でのプログラミング必修化に関わっている

 

 

S&Fでは、政府でも重視されている理数教育の推進に取り組んでいます。具体的には、MaKids事業の中で、STEM教材を用い、ハードウェア、ソフトウェアのスキルを身に着けた人材の育成に取り組んでいます。プログラミング言語であるスクラッチやpython、昨今のキーワードであるメイカーズやIoTをカリキュラムに取り入れながらロボットプログラミング教室を運営しています。

 

前回までのブログでも述べましたが、子どもが持っている一番のスキルは「自由な発想」です。学習効率を高めるためには、モチベーションが不可欠で、モチベーションを高めるためには好きなことである必要があります。一見、好きなことと言うと遊びと捉えがちですが、その中に学びが仕掛けられていると知育になります。

 

ロボットという子どもが興味を示すコンテンツを用いて、モノの組み立て方や動作原理、プログラミング方法を自由な発想を活かして学ぶことで、楽しみながら学習することができます。

 

 

また、民間のフットワークの軽さを活かして、2020年の小学校でのプログラミング必修化の際に、どのようなカリキュラムが良いのか、どのようなスキルを持った人材が適するのか、についても検討しています。エンジニアや教育関係者と議論しながら進めることで、少しでも役に立ちたいと願っています。今後は、小学校等と共同で教材開発を実施することも予定しております。

 

 

地域を良くしていくためには、その地域の出身者が中心になって動く必要があると考えています。事業の継続性には思いが不可欠で、地元の人は強い思いを持っていると考えるからです。S&Fは神戸出身者で構成されているので、神戸への思いは強く、また、若さから生まれる行動力もあります。教育という大きなテーマに取り組んでいるので、課題も山積みですが、皆様のお力添えを頂きながら、前進していきたいと考えています。

引き続き、宜しくお願いいたします。

こちらの記事もオススメ!