学校の授業でのプログラミング教育について ~英語編~

学校の授業でのプログラミング教育について ~英語編~

2018.5.1

今回は英語とプログラミング教育についてまとめます。

 

 

ポイントは以下の3つです。

 

 

・英語とプログラミングは、どちらも言葉に関する教科である点で共通している

・プログラミングは英語表記が大半で、共通する英単語もある

・例えば、Scratchを英語表記でプログラミングしたり、英単語を表現するアニメーションを作ると、楽しく英語を理解できる

 

 

英語も言葉に関する教科になるので、国語と似ています。

文法や単語がある点は国語に近いですが、大きく異なる点は、国語が日本語であるのに対し英語はプログラミング言語含む世界標準語であることです。

 

 

英語を使うことができれば、どの国の人とも不自由なく話すことができます。

グローバル化が進む中で、英語は不可欠という背景があり、英語が2020年から教科化されます。

英語は世界中で使われていることもあり、実はプログラミング言語でも使われています。

Scratchのようなプログラミング言語だと、ブロックを組み合わせていくため、実感が湧かないかもしれないですが、組み合わせたブロックは英語表記のプログラミング言語に変換され、コンピューターに伝えられます。

 

 

PythonやJava等のメジャーなプログラミング言語は、直観的に意味が分かるように英単語の意味をそのまま残すような工夫も施されています。

例えば、「Define」や「If」等、英単語の意味がそのまま引き継がれているケースも多くあります。

 

 

では、英語の授業では、どのようにプログラミングが取り入れられる可能性があるのでしょうか?

 

 

そもそも、英語自体が本格導入されるタイミングと重なるので、プログラミングが英語に取り入れらるのには、多少、時間がかかるかもしれません。

 

 

英語とプログラミングは相性が良いので、将来の方向性を考えてみたいと思います。

 

 

英語に興味を持たせるためにプログラミングを使うことが有効だと考えます。

例えば、ロボットやゲームをScratchでプログラミングする場合に、エディターを日本語表記でなく、英語表記に変えることができます。

 

 

これまで日本語表記で操作していた子供達は、英語表記に変わったとしても、項目の場所をある程度は覚えています。

そうなると、子供達が感覚的に操作する中で英語も目に飛び込んでくるため、知らず知らずのうちに、英語に触れることができます。

 

 

また、国語の時にもご紹介しましたが、単独ではなかなか意味を理解し難い英単語を、アニメーションで再現させることも有効だと考えます。

その時に、英語表記のエディターだと、一石二鳥かと思います。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

各主要教科でのプログラミングの組み合わせの例を考えてみましたが、お分かりの通り、プログラミングは方法なので、あらゆる可能性を秘めています。

そのため、教室の特徴や地域によっても、プログラミングの取り入れられ方も変わるでしょう。

 

 

今回まで、主要教科とプログラミング教育について、まとめてみました。

次回は、副教科での事例を紹介したいと思います!

 

 

最後までお読み頂き有難うございました。

こちらの記事もオススメ!

お問い合わせ・お申し込みはこちら
無料体験会に申し込む

MaKidsには、
2つのコースがあります

ひとつは定期的に通ってみんなで学習するプログラミング教室、もうひとつは都合の良い日時に個別指導で学ぶオンライン教室。

教室で
受講する

受講回数
2回/月
受講時間
90分/回
月謝
7,900円/月 (=受講2回)
※支払い方法によってお得な割引があります。
教材費
17,500円 (入会時)
5,000円 (入会から約1年経過時)
入会金
20,000円
※お得な割引制度あり

オンラインで
受講する

受講回数
2回〜/月
※ご要望に合わせて、受講回数や受講時間は個別ご調整させていただきます。
受講時間
90分/回
月謝
6,980円〜/月 (=受講2回)
※支払い方法によってお得な割引があります。
教材費
0円
入会金
20,000円
※お得な割引制度あり

よくある質問

ロボットのコースはありますか?
あります。ロボットを使ったプログラミングとPCで完結するプログラミングのカリキュラムはおよそ半分ずつご用意しています。
将来プログラマーやエンジニアになりたい人向けですか?
プログラマーやエンジニアを目指すお子様も目指さないお子様も、高度にIT化された時代を生き抜いていくために学ぶことができるカリキュラムです。
どんな先生が教えてくれますか?
エンジニア出身等の専門のプログラミング講師が少人数形式かつ個別対応で授業を実施しています。
何歳から入会できますか?
基本的には小学生(6歳〜12歳)が対象ですが、過去に未就学児の方でもご入会頂いた例がございますので、個別にご相談を受けさせていただきます。
パソコンを触ったことがない子供でも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。マウスやキーボードの使い方など、初めてのパソコン操作を講師が丁寧にサポートします。
パソコンの基礎から教えてもらえますか?
パソコンや周辺機器の使い方や、操作方法などを一つひとつ指導いたします。
子供がレッスンについていけるか不安ですが大丈夫ですか?
お子様の進捗度に個別に合わせて、カリキュラムを進めていきますので、ご安心ください。
いつから入会できますか?
入会時期の制限などはございませんので、入会手続きを終了次第いつでもご入会いただけます。
実際の教室の雰囲気が気になるのですが、体験はできますか?
すべての授業について、体験授業および見学を受け付けておりますので、体験会ページからご予約ください。
レッスンを受講するために家庭で準備するものはありますか?
特にございません。
家庭にパソコンが無いのですが大丈夫ですか?
パソコンは教室で無料でご用意します。また、パソコンを要する宿題は出しませんので、問題ございません。
保護者の付き添いは必要ですか?
必須ではありません。なお、授業の終了10分にお越し下さると、お子さまが発表している様子をみていただくことが可能です。
授業を休んでしまうとどうなりますか?
事前にお休みのご連絡をいただければ、お振替が可能です。